MENU
カテゴリー
アーカイブ
旅行前にチェックClick

ハロン湾ツアーから学んだ旅の醍醐味とは?旅で人生が変わった話


スポンサードリンク

ベオ君
普段は情報発信に専念して記事を書いてるベオです

この記事をお読みのアナタは少なからず「ベトナム旅行」に興味があると思います。

今回この記事で紹介する内容は情報発信ではなく、私のベトナム旅行の体験談をありのままに書きたいと思います。

どうしようもないどん底のダメ人間だった私が、ベトナム旅行で劇的に人生が変わったために

「ベトナム旅行で人生が変わった話」「どうして旅をするのか?」など、

ベトナム旅行ドットコムを立ち上げた原点にもつながりますので、気になる方はぜひ私の青春旅行記をお読みください。

どうして旅をするのか?
  • 結論は出会いがあるからだと思います
ベオ君
今日のお話は私がハノイの旧市街で出会った同級生のタクと、1泊2日でハロン湾を旅した青春を紹介したいと思います

*写真の画質はプライバシーの為に全てCanvaで悪くしています。

目次

17歳でベトナムとの出会い

私が初めてベトナムに来たのは17歳。

17歳当時の私は英語も話せず、ボッタクリのタクシーと殴り合いをするくらい破天荒な性格をしていました。

当時17歳の僕がボッタクリタクシーに乗った時の写真

運転手と喧嘩をする直前に撮影した写真

17歳という年齢だったのでイキってました

17歳の私は見るからにバカそうですよね笑

ボッタクリのタクシー運転手と金銭で揉めて殴り合いのけんかとなり、周りに人だかりができていました。

私の中でベトナムの印象は最悪で2度と来るかバカと当時は思っていました笑!

そんな私が今ではベトナム語の学校を創設し、ベトナムに住んで3年になろうとしています。人生とは本当に不思議なモノです。

17歳当時の私は、オンラインベトナム語教室のVVレッスンを開校するなんて考えてもいませんでした!笑

それでもベトナムに縁があった10代の頃

18歳の頃はカンボジアにハマっており、数ヵ月に1回はベトナム航空を利用して、カンボジアの首都プノンペンに行っていました。

カンボジアに行ってた理由はプノンペンにあるスモーキーマインテンで生活するひとたちの取材のためです。

ベトナム航空なのでトランジットでハノイに滞在し、18歳の私はナイトマーケットを見て胸がトキメキ、ホアンキエム湖から感じる神秘的なものに胸が踊りました。

10代とはそれくらい純粋なのです。

20代になってベトナムに来た私は?

20代に入ってベトナムに来たときはひたすらマッチングアプリを使って、あんな手こんな手を使ってベトナム人女性と出会おうとしてました。

10代の頃の情熱は違う方向へ向いていました。

旅にマンネリが来て、いわゆる東南アジアで「沈没者」的な生活を送っていたのです。

1人の同級生タクとの出会いが再び僕にベトナムを好きにさせてくれた

17歳から旅に出て、20歳前後の私は完全に沈没者としてハノイの旧市街に滞在していました。

そんな中、1人のベトナム人から「おまえ日本人か?なんか若い日本人が困ってるから助けてやってくれよ」といわれました。

ベオ君
何で僕が見ず知らずの日本人を助けなきゃいけないのだ?てか目の前に本人(日本人)がいるし
タク
迷子になってしまい、スマホの充電が切れて。予約してる宿を一緒に探してくれませんか?
ベオ君
宿はここじゃないですか?てかここの宿は安いのに清潔で良いですね。僕もここに移動しようかな?
タク
ぜひぜひ、よければ一緒にこのドミトリーに泊まっていろいろ旅の話をしましょうよ

そんな感じでタクと旧市街で出会い、私もタクが宿泊しているドミトリーに移動をしました。

偶然にもタクは私と同い年で、あの天下の東大生でした。

小学校にすらまともに通えなかった私と、天下の東大生の旅が始まるのです。

タクと一緒にハロン湾へ向かった

タク
1泊2日のハロン湾のツアーに一緒に行かないか?
ベオ君
マジでいってるの?バスで3時間もかかるじゃん
タク
旅をしてるんだろ?まあ行かないなら1人で参加するよ
ベオ君
わかったよ。1泊2日のツアーで45$?船内に宿泊するツアーなんだろ?俺も行くよ

マッチングアプリにハマってた当時の私には、ハロン湾へ行くという発想がありませんでした笑

だから最初は全然乗り気ではなかったのですが、旧市街で偶然出会った同級生のタクと一緒にハロン湾を旅することになったのです。

旅の醍醐味は出会い、ハロン湾で自信がついた語学力

ハロン湾に着いたわれわれは、船に乗って鍾乳洞という有名な洞窟へ向かいました。

洞窟の中が色とりどりに輝き、ひと言でいえば「神秘」そのものでした。

フリー素材の鍾乳洞

ベオ君
どんだけ歩くんだよ?洞窟が光っててすげ〜なここ!
タク
・・・・・・・・・

ツアー客のほとんどが欧米人で、鍾乳洞でタクと何を話したのかもう覚えていません。

私は欧米人たちと英語でずっと会話をしてた気がします。

ただ微かな記憶が残っており、楽しかったことだけは今も忘れないです。

ハロン湾で海水浴を純粋に楽しんだ

鍾乳洞の見学が終わると、宿泊するフェリーは海水浴ができる場所へ向かいました。

私もタクも無邪気に海へ飛び込みシュノーケリングやカヌーなど、子供のようにはしゃぎ楽しみました。

タク
写真を撮ってくれよ
ベオ君
お前の写真を何枚撮んなきゃいけないんだよ?

カヌーに乗ったり、素潜りをしたり、普段とは違う日常があり楽しかったです。

私はタクのカメラマンで何枚も写真を撮らされました。

実はこのとき、タクが東大生だということを私はまだ知りませんでした。

語学力に自信がついたハロン湾ツアー

上の写真はハロン湾の船でタクが撮影したものです。

ハロン湾ツアーに参加していたのはほぼ欧米人でした。

多くの欧米人と出会い英語で会話をして、「おまえ本当に英語が上手だな」と褒められました。

実はこのときの私は、オーストラリアへワーキングホリデーに行く直前だったのです。

このとき英語に対して自信を持ち、オーストラリアでは時給22ドルで、

90%オーストラリア人という環境でお仕事ができました。

オーストラリア時代の私

アジア人のツアー参加者は3人だった

アジア人のツアー参加者は私とタクとルトというタイ人の3人だけで、夕食のころにはそれぞれグループが出来上がっていました。

左からタイ人のルト、私、アメリカ人の名前を忘れた、そしてタク。

船上ではこの4人でずっとつるんでいましたが、ツアー参加者全員で人狼をしたりしました。

ツアー後もハノイでいつも4人で遊んでいました。

タイ人のルトは25歳で今回が初めての海外旅行だったらしく、初海外が隣国のベトナムだと語っていました。

 

ハロン湾ツアーを終えて数年の時が経ち〜その後の我々は?

1週間ほどビアホイなどタクとハノイを楽しみ、お別れの日にタクやルトと連絡先の交換としてFacebookを交換しました。

ベオ君
タク、おまえ東大生なの?おまえのFacebookの学歴さ東大じゃん
タク
変な偏見を持たれたくないから、東大生ということを隠して旅をしている。おまえみたいな人間に出会えるのも旅の醍醐味だよな笑

最後はそんな話をして、それぞれがそれぞれの目的地へと向かいました。

私は親戚に会いにシンガポールへ、そしてオーストラリアへ向かった

誕生日の日にハノイを飛び立ち、シンガポールで起業して億万長者となった叔父の家に遊びに行きました。

叔父は現地の方と結婚をして。私と同世代の娘さんが2人がいます。

そのため親戚達と話すときはすべて英語です。

ベオ君
このとき、漠然と海外で起業するという選択肢を知ったのかもしれません

バンコクでハロン湾で出会ったタイ人のルトと再会〜ルトが起業で大成功

私はオーストラリアでのワーホリ中に歯が欠けて、医療費の安いバンコクへ歯の治療に行き、はやくもタイ人のルトと再会を果たしました。

ルト
おまえは世界中を旅できて羨ましいよ。今は銀行員をしてるが、ストレスが多いのに給料はたったの600$しかない
ベオ君
良いように映ってるだけで、学歴も能力もない僕は将来もなければ希望もない。銀行員という安定した職業に就いてるルトが羨ましいよ

こんな会話をルトとバンコクの川沿いでしていましたが、

この半年後にルトは自分自身のカフェをオープンして、そのカフェがものすく流行り、Facebookに毎月海外旅行に行ってる写真を投稿していました。

その後タクはどうなったの?

左の写真はハロン湾にてタクと一緒に撮影したものです。

天下の東大生のタクは超大手企業に就職して、東南アジア放浪の旅で出会った日本人女性と結婚をしていました。

あんな高学歴でイケメンなのに、はやく結婚するなんて硬派で一途な奴なんだなと驚いたモノです。

旅を通して人生とは様々だな〜と思わされます。

ハロン湾の旅を終えて時が経ち現在の私は?

17歳で初めてベトナムに来て、タクシーの運転手と殴り合いの喧嘩をして、「二度とベトナムになんか来るか」と思っていましたが、運命とは不思議でおもしろく。

タクたちとの旅でベトナムが好きになり、現在の私はハノイ大学で大学生をしながら、株式会社のCEOとしてVVレッスンという日本最大級のオンラインベトナム語教室を運営しています。

今はベトナム旅行が好きで「ベトナム旅行ドットコム」というサイトも立ち上げました。

物価も安く、ご飯もおいしい、人もフレンドリーでベトナムって最高だな〜と心から感じています。

最後にアナタに伝えたいこと

最後にアナタに伝えたいこと

私がアナタに伝えたいことは、旅とは素晴らしいということです。

最初に結論を書きましたが、旅の醍醐味は出会いです。

タクなどに偶然出会えてなければ、ベトナムを好きになっていなかったかもしれません。

その国を好きになる=その国で出会った人による影響が強いと思います。

そのため、今後ともベトナム旅行ドットコムを通して、ベトナム旅行の素晴らしさや出会いなどをみなさまにお伝えできればうれしく思います。

もう今はマッチングアプリなどの出会いは求めていません笑

ベオ君
今回は情報記事ではなくて、旅の体験談を書かせていただきました。アナタの旅の体験談もよければ寄稿されてみませんか?興味のある方は、ぜひお問い合わせから連絡をしていただければと思います

また記事を更新しますので、よろしくお願いいたします。


スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる